トップページ

                  地下貯蔵タンクの流出防止対策について




                 危険物の規制に関する規則の一部を改正する省令(平成22年総務省令第71号)及び
                危険物の規制に関する技術上の基準の細目を定める告示の一部を改正する件(平成22
                年総務省告示第246号)が平成22年6月28日に公布され、
平成23年2月1日から施行され
               
ました。
                                    
                      
                       改正の概要
                  地盤面下に直接埋没された鋼製一重殻の地下貯蔵タンクについて、設置年数、塗覆装
                 の種類及び設計板厚から腐食のおそれが
「特に高いもの」「高いもの」を規定し、腐食
                 を防止するためのコーティング等の所要の流出防止対策を講ずることとするものです。

                           (経過措置:平成25年1月31日までの間は従前の例によることとされています。)


                 
腐食のおそれが「特に高いもの」「高いもの」や流出防止対策の詳細は(ここをクリック)





                       休止中の地下貯蔵タンク等の漏れの点検等の期間延長について
                  
地下貯蔵タンク、二重殻タンク及び地下埋設配管の漏れの点検及び点検記録保存義務
                 について、危険物の貯蔵取扱いが休止され、所有者等の申請に基づき、中和広域消防組
                 合管理者が保安上支障がないと認めた場合、当該タンク等に係る漏れの点検期間及び点
                 検記録保存義務を中和広域消防組合管理者が定める期間延長できることとなります。


                 
 期間延長申請をされる方は、次の申請書を地下貯蔵タンク等を設置する場所を管轄す
                   る各消防署へ提出してください。




                      ○ 休止中の地下貯蔵タンク又は二重殻タンクの漏れの点検期間延長申請書(ここをクリック)


                      ○ 休止中の地下埋設配管の漏れの点検期間延長申請書(ここをクリック)




                       ご不明な点につきましては、地下貯蔵タンク等を設置する場所を管轄する各消防署へお
                 問合せ下さい。



戻る