トップページ  

119番のかけ方





◎119番通報要領

 119番通報は、あせらずに落ち着いて、災害(火災、救急等)の発生場所、目標物、内容、あなたの名前と電話番号を教えて下さい。

 (通報要領)

火事です。 救急です。
・発生場所を正確に言う。
 分からなければ近くにある目標になる建物などを言う。
・発生場所を正確に言う。
 分からなければ近くにある目標になる建物などを言う。
・何が燃えているのか。
・どこから燃えているのか。
・逃げ遅れた人はいるのか。
・交通事故です。(急病です。)
・事故内容及び傷病者の状態を詳しく言う。
・自分の名前と電話番号を言う。 ・自分の名前と電話番号を言う。

※ 一般加入電話(公衆電話、一般家庭、会社等の電話)からの119番通報時、自宅や会社であれば、電話の近くに住所、目標物、電話番号を書いた紙を貼っておけば、いざという時に焦らず通報することができるでしょう。


◎携帯電話からの119番通報要領


 奈良県内の携帯電話からの119番通報は、平成18年3月1日よりそれぞれの市町村を管轄する消防本部で受信するようになりました。
 奈良県広域消防組合中和区分管内(大和高田市・橿原市・御所市・高取町・明日香村)で携帯電話から119番通報をされた場合、中和区分通信指令課につながるのですが、隣接の消防署と近い地域では他の消防署につながることもありますので、必ず市町村名を先に言って下さい。
 特に車で走行中の携帯電話の使用は禁止されていますので、携帯119番通報をされる時は、車を道路の路肩など安全な場所に停車してから通報して下さい。



携帯電話で119番通報される時は以下の要領で通報して下さい。

◇ 最初に災害発生市町村名と災害種別を言って下さい。
 (例)『○○市(○○町・○○村)ですが(火事)(救急)です。』と言って下さい。
  (奈良県広域消防組合中和区分の管轄外であれば、管轄の消防署に電話を転送します。)

◇ 次に災害発生場所を落ち着いて言って下さい。
  はっきりと「町名」「番地」「近くにある目標物」を教えて下さい。
 (例)『橿原市小房町の万葉ホールの西側交差点で交通事故です。』

◇ 現在の災害状況を具体的に言って下さい。
 (例1)『隣の○○さん宅の台所付近が燃えています。』
 (例2)『祖父が転倒し、頭を打って出血しています。』
 (例3)『交通事故で車の中に人が閉じ込められて出られない状態です。』

◇ あなたの名前と、今かけている携帯電話の番号を教えて下さい。
 (119番受信後、直ちに消防車または救急車を災害現場へ出場させますが、通報時に聞けなかった状況確認等のため、あなたの携帯電話にかける場合がありますので、電源を切ることなく電話に出て、災害状況等を詳しく消防に教えて下さい。)


※ 火災通報は、安全な場所まで避難した後に行って下さい。
 救急通報後であれば、消防職員の口頭指導等により、あなたができうる応急手当を救急車が来るまでの間実施し、救急車到着後、救急隊員に事故の状況等を詳しく説明して下さい。



  戻る