トップページ

〜救急車の適正な利用を!〜

尊い生命を救うために、救急車の適正な利用が必要です。

 本当に救急車が必要ですか?
 救急出動件数は、年々増加しています。その中で、緊急性がないのに出動を要請するケースも増え、本当に緊急性のある病気の人や怪我をした人への対応に支障が出かねない状況です。このため、各消防機関では、救急車の適正な利用を呼びかけています。 本当に急病人?のイラスト
 
 緊急でもないのに救急車を呼ぶ人が増えています。
  • 通信指令室で119番通報による出動要請を受けると、管内にある救急隊のうち、現場を管轄する隊が出動しますが、一つの管轄で救急が重なったときは、遠くにある別の隊が出動することになります。
  • 出動要請の増加に加え、交通混雑も深刻化し、119番通報の受報から現場到着までの時間が、年々長くなっています。このため、一刻を争う重症者を待たせてしまうことになりかねません。
  • 出動要請の中には、急を要する病気ではないが、どこの病院に行けばよいかわからず、案内代わりに呼んだり、かすり傷程度で呼んだりと、タクシー代わり的な要請が目立ち、出動要請全体の増加の大きな要因になっています。休日や夜間の診療医は、市広報や市のホームページ、当ホームページでもお知らせしていますので、ぜひ、ご活用ください。(地域によりサービスが異なることがあります)
 
 生命の危険がある傷病者を待たせることになるかもしれません。
  • 事故や急病で救急車以外に搬送の手段がなく、症状からみて緊急に医療機関に搬送が必要と判断される場合は迷わずに119番通報してください。
  • これ以外の場合は、119番通報をする前に、自家用車やタクシーで病院に行けないか、今一度検討してみてください。
重症者のイラスト
 
 
救急車の適正な利用について、皆様のご理解とご協力をお願いします。

 

戻る